15年間の音大受験生指導経験を生かして、音楽理論の力をつけたい方にやさしくサポートをさせて頂きます。クラスは、【受験対策クラス】【音楽の仕組み、楽譜の読み方・書き方入門クラス】【ハーモニーの作り方クラス】【コードの基礎クラス】【楽曲分析楽器演奏者クラス】【楽曲分析アンサンブルクラス】【楽曲分析リスナークラス】



先生はこんな感じ

5歳よりピアノ、14歳より作曲を本格的に始める。東京音楽大学作曲専攻卒。

卒業後作曲・編曲活動の傍ら、’03年よりソロ活動を開始。’05年以降パリ在住の日本人アーティストとのジョイントライブや ペインター、ダンサーとの即興コラボレーションを行う。

(公財)静岡県舞台芸術センター(SPAC)での「SPAC俳優による朗読とピアノの午後」出演等舞台俳優との朗読コラボレーション。
’14年はままつ演劇・人形劇フェスティバル合同企画『天使は何を食べている?』の作曲・演奏。
‘15年10~11月のSPAC本公演『王国、空を飛ぶ!』(演出:大岡淳)で音楽監督を務める等、舞台作品にも活動の幅を広げ、これまでに朗読の為の楽曲提供は20作品を超えている。

 また、大学卒業後後進への指導にもあたり、これまで音大、音楽専門学校等へ合格者を輩出、近年は静岡市内を中心に音楽講座・ワークショップ等の活動も精力的に行っている。


レッスンはこんな感じ

【受験対策クラス】
音楽高校・音楽大学を目指す方、またはそれ同等のレッスンを望まれる方向けの音楽理論レッスンです。
受験に必須の楽典を学ぶ、総合的な音楽理論(楽典・楽曲分析・和声・聴音)の勉強になり演奏する上でも大切な楽曲分析を実施する楽曲分析、作曲専攻者などに必須の和声、調音の4つを学びます。
15年間の音大受験生指導経験を生かして、音楽理論の力つけたい方のサポートをさせて頂きます。

【音楽の仕組み、楽譜の読み方・書き方入門クラス】
音楽は好きだけど、楽譜はよくわからないと思って敬遠されてしまう方は結構いらっしゃると思います。そもそも、音楽ってどうやってできてるの?
そんな方に、はじめの一歩となるのがこの「音楽の仕組み、楽譜の読み方・書き方入門」です。
音楽は初めての方のためのレッスンですので、全く知識がない方でも全く問題ありません。もちろん、ある程度自分で勉強してみたけど、ここがわからない、という方も大歓迎です。

<レッスン内容>
音楽基礎知識を学ぶ『楽典』のテキストと問題集等を使用しながら、音楽の仕組みを理解し、楽譜の読み書きができるようにします。※基本的にはクラシック音楽理論ですが、ご相談に応じます。

<対象年齢>
中学生以上~社会人の方まで

【ハーモニーの作り方クラス】【コードの基礎クラス】
音楽には、その土台となる音の組み合わせ方があり、それらをつなぎ合わせて曲にするための、音楽の”文法”があります。良く“ハーモニー”とか“コード”とか言われているものがそれで、つまりは和音の作り方とその和音のつなぎ方(進行)を学ぶのがこのレッスンです。
曲を作ってみたいという方はもちろん、楽器演奏や音楽を聴く際にもハーモニーやコードについて知っているとより深く楽曲を楽しむことができ、演奏や鑑賞にも役に立ち、どんな楽器の方にも役に立つレッスンです。
このレッスンでは、2種類のクラスを設けています。この2つのクラスはある程度一つのクラスを学んだあとにもう一つのクラスを続けて受けることもできます。

「ハーモニーの作り方」クラス
主にクラシック音楽の和声学を通して、基礎的なハーモニーの作り方とそのつなぎ合わせ方=音楽の文法、そしてそれらを組み合わせ楽曲の骨組みになるものを作れるようにします。

「コードの基礎」クラス
主にポップスやジャズなどで使われる「コード」の読み方や種類、基本的なコードの使い方(コード進行)について学びます。

<対象年齢>
中学生以上で音楽の知識をある程度理解出来ている方、楽譜が読める方(ハーモニークラス)

<こんなことが出来るようになります>
●シンプルな曲の作曲。
●ベースラインに基づく簡単な和声・コード付け。
●合唱や、吹奏楽・アンサンブルなどをはじめとする様々な楽器演奏等での、楽曲構造のより深い理解と演奏の助けを促進。
●音楽鑑賞の際の、楽曲構造のより深い理解の助け。

【楽曲分析(アナリーゼ)クラス】
楽曲分析とは、その曲がどのように組み立てられているかを分析し、その曲についてより理解を深めるもので、欧米などの音楽専門機関ではアナリーゼとして一般的に学ばれているものです。
いつも演奏していたり聴いていたりする曲も、楽曲分析をするとただ漠然と演奏したり聴くだけでは見えなかった楽曲全体の流れが把握・理解でき、また、その曲の新たな魅力や面白さを発見できます。演奏者の方にとってはより効率の良い練習や上達の助けにもなります。
このレッスンでは3つの楽曲分析のクラスを設けています。

「楽器演奏者のための」クラス、「アンサンブル」クラス(グループレッスン)
楽器演奏者とアンサンブルで演奏されているグループのためのアンサンブルレッスンで、現在練習されている楽曲の楽曲分析が出来ます。基本はクラシックの楽曲を取り上げますが、その他のジャンルでも可能なものもありますのでお気軽にお問い合わせください。

「リスナー」クラス
演奏はしないけど聴くのが好きという方のためのクラスです。


レッスン詳細

クラス名 受験対策クラス
システム マンツーマン
マイペース制
50分 1回 6000
ご入会金 5,000円+税
クラス名 受験対策クラス
システム グループレッスン
(3名から)
月額制
50分 4回 ご相談
ご入会金 5,000円+税
クラス名 音楽の仕組み 楽譜の読み方・書き方 入門クラス
システム マンツーマン
マイペース制
45分 1回 4500
ご入会金 5,000円+税
クラス名 音楽の仕組み 楽譜の読み方・書き方 入門クラス
システム グループレッスン
(3名から)
月額制
45分 月4回 ご相談 (大学生以上は月2,3回)
ご入会金 5,000円+税
クラス名 ハーモニーの作り方 クラス
システム マンツーマン
マイペース制
45分 1回 4500
ご入会金 5,000円+税
クラス名 ハーモニーの作り方 クラス
システム マンツーマン
月額制
45分 月2~4回 ご相談
ご入会金 5,000円+税
クラス名 コードの基礎 クラス
システム マンツーマン
マイペース制
45分 1回 4500
ご入会金 5,000円+税
クラス名 コードの基礎 クラス
システム グループレッスン
(3名から)
月額制
45分 月2~4回 ご相談
ご入会金 5,000円+税
クラス名 楽曲分析楽器演奏者 クラス
システム マンツーマン
マイペース制
45分 1回 4500
ご入会金 5,000円+税
クラス名 楽曲分析アンサンブル クラス
システム グループレッスン
(2名から)
月額制
45分 月1~2回 ご相談
ご入会金 5,000円+税
クラス名 楽曲分析リスナー クラス
システム マンツーマン
マイペース制
45分 1回 3500
ご入会金 5,000円+税
クラス名 楽曲分析リスナー クラス
システム グループレッスン
(3名から)
月額制
45分 月1~2回 ご相談
ご入会金 5,000円+税

レッスン可能な日時

月曜日

ご相談下さい

火曜日

ご相談下さい

水曜日

ご相談下さい

木曜日

ご相談下さい

金曜日

ご相談下さい

土曜日

ご相談下さい

日曜・祝日

ご相談下さい

レッスン
可能な日時
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜・祝日

ご相談下さい

ご相談下さい

ご相談下さい

ご相談下さい

ご相談下さい

ご相談下さい

ご相談下さい


特記事項

・教材費別途かかります。
・持ち物:五線紙ノート、筆記用具。
・レッスン時間にはレッスン、自主練習、ご準備、お片付けの時間が含まれております。

初心者から受験生の為の「音楽理論」
このページの印刷画面を開くこのページの印刷画面を開く

無料体験 レッスンお申し込みフォーム

先生から後ほどご連絡させて頂きますので、教室の詳細、体験日時など先生と直接ご相談ください。
先生のスケジュールにより、連絡まで時間がかかる場合がございます。
数日経っても連絡がない場合は、お手数ですが開催店舗までご連絡をお願い致します。

必須お名前
フリガナ
希望レッスン
先生名
希望店舗
必須メールアドレス
(自動返信用)

必須電話番号
必須先生からの希望連絡方法をお選びください
備考欄
必須送信確認
  

【お問い合わせフォームに関する注意事項】

  • ご記入いただいた個人情報は、お問い合わせへの回答、情報提供のために使用させていただきます。
  • 個人情報を正しくご記入いただけない場合やお問い合わせ内容によっては、回答できない場合がございます。
  • お問い合わせが完了しますと、受付確認メールを自動送信いたします。もし、受信確認メールが届かない場合は以下の項目をご覧ください。
  • 携帯電話のメールアドレスからのお問い合わせの場合
    受信拒否設定の解除もしくは弊社ドメイン「ongakutengoku.com」からのメールが迷惑メールとして認識されないよう設定をお願いいたします。
  • ご入力のメールアドレスに誤りがあった場合
    メールアドレスをご確認の上、お問い合わせフォームより再度お問い合わせを御願いいたします。
  • ウイルス対策ソフトやセキュリティソフトをご利用の場合
    迷惑メールフォルダや削除済みアイテム等にメールが届いていないかご確認を御願いいたします。